地域政策やまちづくりに関して総合的に調査研究を行う愛媛県の公益財団法人「えひめ地域政策研究センター」が発行する、まちづくりに関する情報誌「舞タウン」。
このほど、舞タウン2019年10月号(Vol.142)における特集「アニメ等のコンテンツを活用した地域活性化の可能性」において、下野市地域おこし協力隊の宇佐美隊員が寄稿を行いました。下野市のアニメ事業の取組、地域おこし協力隊としての取組について、熱く、真面目に語っています。
記事はえひめ地域政策研究センターのホームページよりご覧いただけます。ぜひ、ご覧ください!

えひめ地域政策研究センターホームページ「舞タウン」はこちら

おすすめの記事