下野市は宇都宮市のとなりの市

南北に約15.2kmのコンパクトシティ。のどかであるがJRの駅が3つあり、国道4号、新4号国道、国道352号、市北部を横断する北関東自動車道もあって、アクセスに便利なエリアです。

南北約15.2km/東西約11.5km
コンパクトなまちなのに駅が3つあるんです。

【面 積】 74.59km2
【人 口】 60,274人
【世帯数】 24,654世帯
       (令和2年7月1日現在)

下野市の特徴

他と比べて夏は涼しく、冬は暖かい。

栃木県民は「らいさま(雷様)と呼んでいます。

台風や地震などの災害がきても安心。

宇都宮市と小山市の間。

【平成18年】 南河内町・石橋町・国分寺町が合併し「下野市」誕生

ベッドタウンとして人気!

田舎だけど、充実している住環境!車があると更に便利。新鮮野菜を販売する直売所も多く、コンビニやスーパーは駐車場が広いので運転が苦手でも大丈夫!大型ショッピングモールへも車で15分程度

グリーンタウン住宅街

下野市の社会生活の基盤 整備状況

道路舗装率87.3%
上水道普及率97.25%
下水道普及率88.2%
小売業年間販売額461.41億円
大型店舗数11店舗
大型店舗面積32,198㎡
スーパーマーケット12店舗
コンビニエンスストア26店舗

さらに詳しく知りたい方に

おすすめの記事