エゴマ灯明の会

国指定史跡「下野薬師寺跡」で行われる『エゴマ灯明の会』。発掘調査から古代「下野薬師寺」では燈を灯して仏に供養する「万燈会(まんどうえ)」が行われていたことが判明したことにちなみ、法会を現代風にアレンジしたイベントです。燃料となるのは当時同様に「エゴマ油」。もととなる「エゴマ」は下野薬師寺ボランティアの会と南河内小中学校とが連携し栽培を行っています。月明かりのもと灯明の幽玄な光と大正琴などの音色に包まれながら、いにしえの「下野薬師寺」に思いを馳せてみませんか?

第13回下野薬師寺跡「エゴマ灯明の会」

開催日 2022年9月10日(土)
開催時間 17:00~19:00
※灯明の点灯は17:45頃を予定。
※雨天の場合は9月11日(日)同時刻に延期

当日ボランティア募集中

カップの運搬や設置、点灯作業・片付け作業などを一緒に行ってくださる方を募集しております。
ご希望の方は「下野市観光協会」のホームページをご覧ください。
「下野市観光協会」(外部リンク)