移住サポート情報

定住促進住宅新築等補助金制度

1年以上東京圏にお住まいだった家族4人が下野市内の特定の区域へ移住した場合
(申請者:父(35歳)、母、子供2人)

下野市・定住促進住宅新築等補助金制度・詳細
  • 下野市結婚新生活支援事業補助金

    下野市結婚新生活支援事業補助金
    新婚世帯に対し、結婚に伴う新生活に係る費用(新居の購入、家賃、または引越しに関する費用)の一部を助成する補助金(上限30万円)が支給されます。
  • 保留地等購入補助制度

    家計の節約に!保留地制度
    下野市では、保留地を購入し3年以内に住宅を新築し居住する方を対象に、1区画につき50万円を補助します。 ※「下野市定住促進住宅新築等補助金」の交付を受けていない方が対象となります。 詳しくはコチラ!下野市公式サイト・下野市永住促進保留地等購入補助制度
  • 空き家バンク制度

    空き家バンク制度
    下野市内の空き家を売却・賃貸したい所有者が空き家バンクに登録し、その空き家を購入・賃借したい方の申し込みを受け、所有者や仲介業者を紹介する制度です。空き家を有効活用し、下野市への移住・定住を促進することを目的としています。 詳しくはコチラ!下野市公式サイト・下野市空き家バンク
  • 住宅用太陽光発電システム設置補助

    地球にも優しく、家計にも優しい
    下野市では、住宅用太陽光発電システムを設置する市民の方に、予算の範囲内において費用の一部を補助します。太陽電池の最大出力1kW当たり1万円(上限4万円) 千円未満の端数は切り捨てが予算の範囲内となります。 詳しくはコチラ!下野市公式サイト・令和2年度住宅用太陽光発電システム設置費補助金

その他のサポートについて

まずは下野市を見て決めたい
「移住希望者宿泊費補助金」

県外から移住を希望されている方を対象に、移住後のイメージを明確にできるように下野市での暮らしぶりの体験や仕事探し、住まい探しを行う際の宿泊代金の一部を補助します。

対象となるのはどんな人?(同居親族を含む)

※次の要件全てに該当する⽅に限ります。

  • 栃木県外に住所を有すること
  • 申請にかかる滞在期間中に次の活動をいずれも行うこと
    • (1)移住に関する市との相談
    • (2)住居や仕事を探し、または暮らしを体験する等の活動市内の宿泊施設に宿泊すること
  • 2親等以内の親族が市内に住所を有していないこと
  • 転勤、婚姻、修学等による転入予定者でないこと
  • 滞在期間中の全てにおいて、20歳以上の者であること(同居親族を除く)

■補助対象経費:

下野市に滞在した期間に要した宿泊費(飲食料金・サービス料金を除く)

■補助金の額:

1人1泊当たり補助対象経費の1/2(上限:3,000円)2泊分を限度とし、1会計年度につき1回限り

対象の宿泊施設(2022年4月現在)