小金井一里塚

江戸時代の五街道のひとつである日光街道沿いにつくられ、江戸(東京)日本橋から22里(約88キロメートル)の地点にあります。二つの塚がほぼ完存していることなどから、日光道中で唯一国指定史跡に指定されています。徳川家康が慶長9年(1604)に江戸日本橋を起点に、東海道・中山道及び北陸道につくらせ、後に全国に広まったいわれます。

  • ジャンル

    観光

  • 住所

    下野市小金井4-23-9

  • WEB
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
おすすめの記事