下野市は子育て環境が充実

(令和元年4月1日時点)
※1= 出典:この街に住め!
「生活コスト」で選ぶタウンガイド

こども医療費助成制度

安心して子育てができるように18歳までの医療費を助成

18歳に達する日以降の最初の3月31日までの入院も通院も自己負担なし、所得制限なし(現物給付)。県外の医療機関の場合は要申請(償還払い) 医療機関で受ける証明手数料や文書料、健康診断料、予防接種代、薬の容器代、入院時の差額室料、選定療養費等の保険診療外は医療費助成の対象となりません。

子育て世帯外出支援

未就学児を持つママ・パパに下野市デマンドバス「おでかけ」号の利用券(1世帯につき10枚)を交付します。

育児ママ・パパリフレッシュ利用券

子育て関連の下野市独自の制度

保育園等に通園していない乳幼児(3か月~3歳未満)をもつママやパパが、美容室や買い物などでリフレッシュしたい時、急な冠婚葬祭・通院時など、お子さまを一時的に預けたい時に保育園を利用できる利用券(最大で36時間分)を発行します。

下野市には公園がたくさん

市内の子育て・教育関連施設

  • 保育園 8か所
  • 幼稚園 1か所
  • 認定こども園 6か所
  • 認可外保育施設 3か所
  • 小学校 11校
  • 中学校 4校
  • 高校 1校
  • 大学 1校
  • 特別支援学校 1校
  • こども発達支援センター 1か所
  • こども通園センター 1か所
  • 児童館・こどもの広場 5か所
  • 子育て支援センター 3か所
  • 公立学童保育(放課後児童クラブ)12か所
  • 図書館 3館

子育てしやすいヒミツは他にも

石橋高校HPへ

コンパクトシティで駅に近いから

進学する高校も選択肢が豊富!市内には、進学校である県立石橋高校があります。

自治医科大学HPへ

奈良時代「お坊さんの学校」が開設されていた

下野市は、現代でも自治医科大学をはじめ、さまざまな教育関連施設があり、教育がさかんなエリアです。

おすすめの記事